ご挨拶

設立の想い


代表取締役社長 古郡 登

代表取締役社長
古郡 登

2015年、設立30年を迎えることが出来ました。
お客様に支えられてきたことは勿論、公私共に大勢の方にご指導いただき、洗浄業が事業として認知され雇用を守れていることに感謝しています。

しかし、今後の洗浄事業はかなり厳しくなっていくものと考えます。
労働基準法、労働安全衛生法、PRTR法など、薬品の取り扱い方の規制は更に厳しくなり、新しい法律も増えるなか、それぞれ対応していくのはとても大変ではありますが、環境を守ることも責務と考え、ひとつひとつ対応していかなければなりません。

30年を迎え、変化したこともあります。
一昨年、知人に頼まれ障がいをもった方を雇用することになりました。
正直、障がいのある方に当社の仕事は難しいと思っていたのですが、障がいがあっても一人一人の特性を生かして出来る仕事があるのではないかと思い採用を決めました。

やはり色々フォローする部分が多くなるのでとても大変ですが、それでも、一か月、半年と経過していき毎日仕事が出来るという喜びからか、笑顔が見られる様になると嬉しく思い、現在では3名の方に働いてもらっています。

30年、事業を続けられたのは大勢の人に支えられてきたからだと思っています。
これから先、自分に出来る事で少しでも地域に還元していければと思い、
当社の理念を、地域社会に『おんがえし』と変更しました。

小さな会社ですが、これからも社員と心をひとつに頑張っていきたいと思います。

代表取締役社長
古郡 登